シュタイナー教育・教材とクラフトのお店:天花地星 店名変更前の日記(バックナンバーとして保存)
お店つれづれ気になる商品子育てハウシュカだより

HOME > 気になる商品 > Zodiac Chart(黄道十二宮 図表) ようやく入荷

2009-10-08
Zodiac Chart(黄道十二宮 図表) ようやく入荷 by たわふ
気になる商品

黄道十二宮 図 表 シュタイナー
個人的に、待ちに待った商品です。

シュタイナー関係で海外から来られた先生の講演などを聞いていても、いつも思うのは、なにかベースとなる基本的な知識が足りないのではないかという感覚です。海外のシュタイナー関係の人にとっては、説明することさえない当たり前の基礎知識があるのではないかということを、いつも講演を聞いていて思うのです。何か足りない、でも、何か足りないのか、さえ分からない。

また、シュタイナーの本を読んでいても思うのが、説明のために、たとえ話がよく出てくるのですが、そのたとえ話が余計意味が分からない場合が多々あります。(私だけでしょうか?)

この一覧ですべてが解決できるわけではないと思いますが、でも、知っていてもよい知識だと思います。

5年ぐらい前に、このみさんと週1回、農業講座の読み合わせを3年位してました(このみさんが引っ越してしまったので終了してしまい、リンク先のサイトはほぼ休止状態)。農業講座も、難解な本なので、2時間ぐらい読み合わせの時間があるにも関わらず、1段落しか進まない日もありました。(この文章って本当に日本語?とか、これはどこまでが主語なのかとか、何ページ前のことと関係があるのでは?とか、そういえば、この本のこの部分にこのようなことが書いてあるからそちらを読もうとか)

その中で、畑の作物を荒らすネズミの駆除するのに「金星がさそり座にあるときに、ネズミの皮を焼いたものを手に入れます。この火によって焼き滅ぼされたものの中には、野ネズミの生殖力を抑制する強い力が残っています」(P235より)という箇所があり「さまざまな下等動物の場合には、星座をいろいろ変えてみることは意味があると思われます。」(P258より)との記載もありました。

そしてさらに、動物の本質には、表紙を見て分かるとおり、動物を十二分類にしているのです。しかし、黄道十二宮との対応は書いておらず、どれがどの星座に対応するか分からず、これが分かれば、ネズミの皮を「金星がさそり座にあるとき」というのがどのような意味があり、他の動物、たとえば昆虫などの場合はどうなるかなど推測することができるのではないかと思っていました。

このZodiac Chartで動物の分類と星座の関係が分かるようになったので、考える手がかりが増えました。

Zodiac Chartで議論や話したいことがあれば、この記事のコメント欄に記入ください。何かシェアできることがお互いあるかもしれません。ある本のある部分について意味が分からなかったけど、この表から、こういう関係だったのかと思えることがあるのではないかと思います。

気になる商品

Edited by たわふ 2009-10-08 13:55:31
Last Modified 2018-04-07 11:02:23


シュタイナー教育・幼児教育・教材とクラフトの販売「天花地星」過去日記
お問い合わせ
Copyright © 2006-2022 press328.com. All Rights Reserved