シュタイナー教育・教材とクラフトのお店:天花地星 店名変更前の日記(バックナンバーとして保存)
お店つれづれ気になる商品子育てハウシュカだより

HOME > 子育て > シュタイナー教育

2009-10-21
シュタイナー教育 by ヨーコ店長
子育てコメント(2)

今日は自分にとってのシュタイナー教育ってなんだろう
をテーマにして語り合いたいです 出来たら コメントください 
それぞれの感じた事を語り合いたいです

2003年の夏 初めてひびきの村のサマプロに参加して感動して今があるのです
私もシュタイナー学校に入りたいと思いました
例えば 私は絵が描けなくて絵の具を塗るとこまでたどり着かないのです
しかし 濡らし絵は始めから下書きなしで 絵の具を塗るというよりは色を体験するが
いい表現かなあーー
色が混ざり合う瞬間が感動的
出来上がった作品はすべて違う 同じ課題でも 
先生はそれを素晴しいと褒める
なんだか34年間体験してない体験をしたのです
目からウロコがーーーーの状態です

これが私のシュタイナー教育 初体験です
皆さんはどうですか??

今回の話は長くなりそうなので 何日かに分けようとおもいます

子育てコメント(2)

Edited by ヨーコ店長 2009-10-21 04:46:45
Last Modified 2009-11-09 10:52:03

コメント


過日はヨーコ店長のお話をありがとうございました。
とてもとてもわたしの内に響くものがありました。
現在2歳後半の子どもを育てているのですが
日々理想と現実の着地点を模索しつづけています。



わたしも同じく絵の描けない子どもでした。
小学生以下のころは絵を描くのが大好きだったのですが、小学校低学年のときに
ひまわりの絵を描いて、ディックブルーナのイラストのように周りに黒いふちどりをしたら先生から「お前の目にはひまわりのふちに黒い線があるように見えるのか?実際にはない」と言われ、それ以来苦手意識を持つようになって、おもうままに描けなくなりました。

わたしは関西に住んでいて、今から4年ほどまえにシュタイナー学校の公開講座に参加しました。
そこで3日間、3年生の授業を受けました。

同じくシュタイナー学校の生徒になりたいと思いました。

にじみ絵もやりました。
はじめてのにじみ絵は、びくびくしちゃって
上手に描かなくては、という想いでいっぱいだったと思います。

仕上がったものに先生がひとことコメントを
くださったのですが、その言葉が今もわたしを支えてくれます。

絵に対するわたしの心がずいぶん変わったなと思います。

長くなりました。ごめんなさい。

投稿者:きらら|2009-10-21 15:11:37


きららさん
コメントありがとうございます
わーーーびっくりーーーと思うくらい 似たような体験してますねーー 私たち!!
自慢じゃないけど 美術の通信簿はあひるでした
どうして描けないんだーーと叱られた事もありました
ガーーーーンとくるよね

濡らし絵とパステル画に救われました
パステル画はかなり衝撃的でした
あーーー私にもこんな美しい絵が描けると感動でした
この感動を伝えたくて 私がワークショップしてます
もし まだ パステル画を体験してないのなら 試して
ください 感動しますよ
きららさんは関西ですか??
きっと どなたか いるはず
もし よかったら 体験してくださいねーーー

シュタイナー学校に子供を通学させるのは 山あり谷ありですが すべては 私の生き方が子供に影響するので
自分を見つめてます
今はそんな感じですよーーー
それでは

投稿者:ようこ|2009-10-22 04:20:10


シュタイナー教育・幼児教育・教材とクラフトの販売「天花地星」過去日記
お問い合わせ
Copyright © 2006-2018 press328.com. All Rights Reserved